ヴィジュアル系のことならクロチャにおまかせ!

2017/01/04

第五回 酒とロックと男と女 Daisuke


このアルバムは2002年にリリースされた8枚目?のアルバムになるのかな?
意外と歴史が長いバンド故に通算何枚目になるのかがあやふや…
散々フリーの話ししといてなんだがこのアルバムはギターのジョンフルシアンテ色が強いアルバムです。
ギターのリフやコーラスワーク、ジョンらしさが詰まったアルバムになってます。
全体的にポップだけど何処となく哀愁を感じるアルバムで、一見して見た時の明るさとその裏にある
切なさが作品全体の世界観を創ってる感じかな。

「Can’t stop」はギターのリフ、ベースのスラップ共に一番最初に惹かれた曲だったんだけど
この曲が一番わかりやすくてわかりにくい(笑)
と言うのも歌詞を和訳しても難解すぎて結局何が言いたいんだ?って思ったんだけど正にその
難解な歌詞自体が全てを表してると言うか、つまりなんとなく歌詞を読んでるとコイツは誰かに恋を
してるんだな!ってとこにたどり着く。
そして多分コイツはイケてない奴で、好きになってしまったけど妄想ばかりで
どうしたらいいか分からなくなってる。
そのサマが丸々歌詞として表れてるのかな?ってのが俺の見解。

大体映画とかでもイケてない奴に限ってイケイケな女の子を好きになったりする。笑
でもきっとこの歌詞の主人公もそうだけど真っ直ぐなんだろうね想いってのが。
これは正にラブソングです。
レッチリあんま知らんって人も入りやすいポップさがあるので先ずはこの
アルバムから聴きあがれ!!

ボタンを押してこの記事をシェアしよう!

Key Word 关键词 키워드

この記事を書いた人

Daisuke

Daisuke 山形県出身、メロコア、パンクバンドなどを経て元々やりたかったV系の世界に足を突っ込み上京。 東京狂った街に揉まれつつ幾つかのバンドを経て2011年よりGhostWriteDazzleのvocalとして活動を始める 退廃美をテーマに古き良き90年代黒服系スタイルで現代のシーンで活動中… だったのだが2014年9月無期限活動休止を発表する。 暇を持て余してた…訳では無いが(笑) 自身のバンドのCDも取り扱って頂いてるcloset child様よりコラムのお話を頂き現在に至る。 ※ 2015.10.26より新プロジェクト黒蜥蜴のvocalとして活動開始 2016.11.23 ONE MAN LIVEにて活動終了 現在はフリー、弾き語りをやったりベーシストとして活動したり… 新バンド準備中

Daisukeの記事一覧

Favorite Article 热门文章 인기기사